白山米店のやさしいご飯

第43回 あり合わせ野菜のクラムチャウダー 火を使わない切り干し大根と新玉ネギのバンバンジー

2011.05.19更新

第43回白山米店

みなさん、こんにちは。月一回だと久しぶりな感じがしますね。最近たまに先月から保育園に通いはじめたイトコの息子ユイト君の迎えに行っています。わたしにやっと慣れてきて「ユイ君帰ろー!」と言うとハイハイで来てくれます☆かわゆいです♪
食欲も旺盛で、あげればあげるほど食べます。大きくなりそうです。美味しいとほっぺたたいて喜んだり、もうおしまい、と言うと泣いてみたり、子どもって色んな表情して楽しいですね。
また忘れられる前に顔見に行かないとー☆

第43回白山米店

ゴールデンウィークの水曜日、普段祝日はお休みですが、今回は営業しました。
福島のお米を食べてほしいという想いから、黄色い旗をあげ、お店の前にテーブルも置き、お米をすぐ手に取っていただけるようにしました。この日のお弁当は、いつもとは違う、自由が丘のおいしい鶏肉専門店寿々木屋さんの鶏挽肉を使ったそぼろ弁当にしました。このそぼろのレシピは以前、ミシマガでも紹介しました。


それから初版本を購入されたみなさまへ。ごめんなさい。書籍の訂正が2箇所あります。

・39ページ 夏野菜のキーマカレー
 カレー粉の分量が「辛いのが苦手な方やお子様は大さじ4」になってますが、「大さじ3」に訂正してください。
・73ページ 白菜と生姜ベーコン風味のスープ
 粗塩小さじ2とありますが「少々」に。
 ※ベーコンのコクが足りない場合は、鶏がらスープの素を小さじ1/2~1足す。と書き加えてください。

本をご自分のノートみたいにバンバン書き込んで使っていただけると嬉しいです。
本当にごめんなさい。





さて、今回のお料理は・・・

1.あり合わせ野菜のクラムチャウダー
2.火を使わない切り干し大根と新玉ネギのバンバンジー  

です。

●あり合わせ野菜のクラムチャウダー

<材料(4人分)>

第43回白山米店

※あさりは白ワインまたは酒で酒蒸ししておく。冷めたら殻から外して半分だけ粗みじん切りにする。
  あさりは大きめの方が、旨味がたっぷりあっておいしいです。大粒と小粒でそれぞれつくったけど、小粒はあさり味が少なかった。娘は小粒のクラムチャウダーの味見をしたとき、あさり味がしないって。
※玉ネギ、大根は1cm角切り。人参は1cmより少し少さめ。長ネギは5mm幅の輪切り。じゃが芋は1cmより少々大きめで水にひたしておく。

<作り方>

第43回白山米店

ママンの結婚式引出物の小ぶりの寸胴鍋。27年使っても変わらない鍋。ママンは、だいぶ変わりました。

1.鍋にバターとベーコンを入れ中火にかけ、バターが溶けたらじゃが芋以外の野菜を入れ、バターがなじんだらフタをする。中~弱火にして8~10分蒸し煮。(玉ネギが透き通り、人参がほぼやわらかくなるまで)

2.水切りしたじゃが芋を入れ炒め小麦粉をふり入れ、ダマにならないように炒める。

3.Aを半量入れ、小麦粉がとけたら残りとローリエを入れ、じゃが芋がやわらかくなるまで弱火でフツフツとフタをして煮込む。

4.牛乳を入れ絶えず木ベラで底をかき混ぜながら、おいしくなぁ~れ。
  塩とこしょうで調味し、仕上げに色合いよく小松菜や万能ネギを入れ、とろとろかき混ぜたら火を止めてできあがり。味見してコクが足りなかったら、5分くらい煮込む。
 ※あさりが安いときに砂出しと酒蒸ししておけば、すぐ調理にとりかかれます。(2~3日冷蔵OK)


白山家お母さんより

第43回白山米店

野菜はほかにカブ、コーン缶、セロリもいい。ゴーヤはやめてね。仕事から帰ってきて、こんなスープ出されたら泣いちゃう☆ 誰がつくるの? 前日につくっておけば、自分ではい、どうぞ。

白山家娘さんより

第43回白山米店

あさりの味はあんまりしない? (小さめなあさりで、味がうすかった。Byママン)
具たくさんで朝食にもピッタリ。


●火を使わない切り干し大根と新玉ネギのバンバンジー

<材料(1~2人分)>

第43回白山米店

<作り方>

1.切り干し大根は、ボールに入れ水をたっぷり注ぎ、ゴミが落ちるよう振り洗いしたらすぐにザルに上げて、水大さじ2で5分くらい戻す。切り干しが長い場合は、食べやすいように切っておく。

2.Aをよく合わせて、1の切り干し万能ネギを入れ、よく混ぜ合わせて味見してできあがり。
  味が薄い場合は、粗塩で調整する。


白山家お母さんより

第43回白山米店

店の定番副菜です。以前、毎日お弁当屋をやっていたとき、友人のかよさんから切り干しをバンバンジーソースで和えるのを教えてもらいました。練りゴマを使わずに市販のゴマだれドレッシングを使って手軽にとってもおいしくいただきました。ほかに戻した切り干し大根に、人参、昆布、きゅうりの薄切りを醤油、みりん、酢で味つけしても、さっぱりおいしい。

白山家娘さんより

第43回白山米店

大好物、山盛り食べたい。




**白山家お母さん便り**

第43回白山米店

ちゃんと季節は巡り、白山家には
裏家の夏みかんの花の匂いが酔うほど漂っています。

店頭の忍冬(すいかずら)からもレモンのような爽やかな香りがして、
水鉢には父の水連が咲き、街に暮らしているから青葉の匂いにも敏感になります。

尾山台への買物道。
ねこじゃらし公演のほうばの花(ほうばは味噌の葉)
大平農園の畑には、ネギぼうず、ニラの花、コンフリーの花、
菜の花、じゃが芋・・・

こんな風にいつも通りに、季節をいつもの風景で感じられることが、
とても、とても貴重なこと。
3.11以来、さらに想います。

本を出せたことが夢のようなわたしがいて、
震災にあわれた方々には悪夢がおきていて、
何をするにでも離れたところに住む私たちの心の底に重たいものがあって

好きなことを、好きな風に
震災にあわれた方々ができる日が来るように、
離れて暮らしているけれど、わたしもがんばります。

白山米店 ママン

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

白山米店のお母さんと娘

自由が丘、白山(はくさん)通りに50年近く前からあるお米屋さん。1996年よりお弁当の販売を開始。毎週水曜日のみ、おかあさん手作りのおいしいお弁当が食べられます。愛情たくさんのおかずと、お米屋さんならではのおいしいお米で地元ファンが通う人気店。

バックナンバー