白山米店のやさしいご飯

第51回 節分豆が香ばしい しじみの佃煮と節分豆の炊き込みごはん

2012.02.16更新

第51回白山米店さん

写真上:店頭のシクラメンの切り花は鉢植えが元気がなくて切ってしまったもの

第51回白山米店さん

みなさんこんにちは。

とても寒い日が続いていますがお元気ですか。
世間ではインフルエンザが流行っているようですから、温かいものをいただいて予防したいですね。


こんな寒いときに、南国風のレコードジャケット♪ サディスティック・ミカ・バンド♪ を紹介します。大人のTSUTAYAで話題の代官山「蔦屋」に、わが家にあるのと同じレコードのジャケットがプリントされたエコバック(限定品)を発見しました。
日本で一番カッコイイデザインをバックにしたそうです。
多分絵は横尾忠則氏。


見開きには、ミカさんの"all my Best"のサイン入り。(うちのお店にいらしたときに父親がもらったサイン)ときどきレア物がある白山家です。


先日はバレンタインでしたね。
昔々(30年前)にママンが父に編んだフィッシャマンズセーターです。
間に合わなくて、姉に片袖を手伝ってもらった思い出があるそうです。
ちゃんとママンと父の頭文字が入ったタッグまでついて、
今じゃ考えられない!!!


今は冷え切った仲でも、このセーターには当時の想いが込められているので、着たとたんにポカポカするそうです。



さて、今回のレシピは、

1.節分豆が香ばしい しじみの佃煮と節分豆の炊き込みごはん 

です。

●節分豆が香ばしい しじみの佃煮と節分豆の炊き込みごはん

<材料>

第51回白山米店さん

<作り方>

第51回白山米店さん

1.米を洗い炊飯器の2合の目盛りまで水を入れ、1時間浸水する。

2.<材料>Aを入れ、炊く。

3.炊き上がり蒸らしがすんだら、全体を切るように混ぜ合わせ、お茶碗によそいます。



白山家お母さんより

第51回白山米店さん

佃煮のほんのり甘いしじみが家族に好評。
佃煮はおむすびの具にしてもいいですよ。
節分に豆まきをして、残った豆(年齢分食べるのは大変)を炊き込む。
ごはんが炊けるときのいい香りがして、豊かな気持ちになります。
寒しじみも時季ですし、手軽に作れておいしくて、うれしい。
淡水で育つしじみは筋が横。あさりは筋が縦。なんでだろう?

第51回白山米店さん


**白山家お母さん便り**

ご近所の紅梅、白梅がほころんび始めました。
立春もすぎて、日が延びてくると同じ寒さでも気持ち明るくなります。
今日は、旧小正月。
遅ればせながら、今年もときどきおつきあい
よろしくお願いいたします♪

ママン

<いただきもの>

第51回白山米店さん

若いお友だちのクラフト作家、陽子ちゃんからいただいた、
アメリカの古布を使った手縫いのお財布。
使うたびハートが飛んでいく。

<作ったもの>

第51回白山米店さん

左:持っているだけで嬉しくなるカラフルな編み棒。
中:高校以来久~しぶりに編んだくつ下。
  ドイツのくつ下用の糸は、丈夫で柄合いが良いから、
  つくっているときも、履いていても気分いい。
右:ガター(表2目裏2目)編みのマフラー(2本どり)と、アームカバー(1本どり)。
  一日で編める。ボタンは、おしゃれな渋谷西部百貨店の手芸売場で求めて。

第51回白山米店さん

左:ママ用と子ども用デコパージュのハンガー。プレゼント用に名前や日付を入れて。
中:ごはんを干して、おこげに。
右:油で揚げて正油をかけ、おせんべい風。あんかけ野菜をかければ、ごちそうになる。

<食卓>

第51回白山米店さん

左:尾山台ストアー、魚辰さんの天然「漁師大根」。
  鰤は塩を振り湯がき、大根と濃い目の甘辛煮。
中:サバの味噌煮、新ゴボウと。赤味噌、生姜、さとう、酒、みりんで
  仕上がり際に粕味噌で調味。
右:鯵と豆もやしの豆板醤酢漬け。野菜が高いから、豆もやしはお弁当にも使います。

第51回白山米店さん

左:やっぱりおいしい。本にも出ている「あさりのピリ辛春雨」。
右:盛り付け失敗した酒蒸しカキのオイル漬け。玉ネギと柚を添えて。
  クロスは「金曜日のトランク」さんのもの。

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

白山米店のお母さんと娘

自由が丘、白山(はくさん)通りに50年近く前からあるお米屋さん。1996年よりお弁当の販売を開始。毎週水曜日のみ、おかあさん手作りのおいしいお弁当が食べられます。愛情たくさんのおかずと、お米屋さんならではのおいしいお米で地元ファンが通う人気店。

バックナンバー