白山米店のやさしいご飯

第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き

2012.12.06更新

第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き

『自由が丘3丁目 白山米店のやさしいごはん』白山米店お母さん(寿松木衣映)

第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き

みなさんこんにちは。お久しぶりの更新です。
この度、本の帯が変わりました。発売から1年以上経っているのにありがたいことです。
前回とは全然違うカラーの帯になりました。ぜひ店頭でご覧ください。

先日、本の題字も書いてくれたおじいちゃんが86才で天国に行きました。
志半ばで・・・まだまだ生きると思っていたので家族みんなビックリ!! です。
あっっっっという間に逝ってしまいました。
本人もまだまだ亡くなる予定じゃなかったので、
行きたいと思って買っておいたコンサートのチケットがたくさん出てきました。

買い物が趣味だったおじいちゃんなので、
誰のために買ったのかわからない洋服がたくさんです。
なので私、最近はそればかり着ています(笑)

それと、お財布から面白いものがでてきました。
落としたときのために自分の名前、住所、電話番号が書かれた名刺サイズの紙の裏に・・・
「拾ってくれた方には謝礼差し上げます」
いくらくれる予定だったんだろう・・・? 気になります(笑)

☆お知らせ☆
12月は水曜日のお弁当屋さんお休みします。
1月から不定期の営業になります。
また、再開することがあれば、こちらでお知らせいたします。
ありがとうございました。

さて、今回のお料理は、

1.えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味
2.鱈と白インゲン豆の煮込み
3.白山家の卵焼き

です。

●えのき茸焼きそば

<材料(1人分)>
第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き

<作り方>

☆麺を焼く

第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き

1.蒸し麺を袋ごとレンジで1分チンし、フライパンに入れる。

2.1にAをからめ、平らにフライ返しで押したら、火を中火くらいにし、2分裏返して2分両面をこんがり焼く。

3.焼き終わったら、お皿にのせてフタをしておく。

☆あんを作る

第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き

1.同じフライパンで生姜、ごま油を入れ中火にかけ、香りが立ったら肉と長ネギを入れ炒める。

2.えのき茸とBのたれを入れ、ヘラでよく混ぜ合わせる。

3.プツプツ煮えてきたら再に2分くらい混ぜながら煮て、1の焼き麺にのせてできあがり! 仕上げに黒胡椒をひく。


白山家お母さんより

第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き

いつでもお安く手に入るえのき茸。石づきは、ぎりぎりで切ってほぐしておきます。根元に近い方は、キュッキュッとして笠のある上部と食感が違います。笠の付いた方は生で春菊や柿、水葉などにアクセントで加えれば、かわいくて家庭ならではのサラダになります。ドレッシングは、フレンチでも和風でもクリーミーなのでも合います。


●鱈と白インゲン豆(缶詰め)の煮込み

<材料(1人分)>
第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き

<作り方>

第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き

1.生鱈に粗塩、胡椒をしっかりしたら、カレー粉をまぶす。(塩鱈なら、胡椒とカレー粉だけ)

2.フライパンにAを入れ中火にかけ、香りが立ち、プチトマトの皮がはじけ始めたら、フライパンのまん中に鱈の皮目を下におく。

3.鱈に焼き目がザッとついたら(裏返さなくてよい)、酒をかける。

4.豆と水を入れ7分煮る。味見して万能ネギを入れ、フライパンのヘリ回りをきれいにしながら万能ネギがなじめばできあがり。


白山家お母さんより

第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き

鱈のクセをわずかなカレー粉が抑えてくれる、エスニック風のトロ~リとした具だくさんのスープ風になりました。
ごはんにはもちろん、パンやワインにも合います。和風・洋風どちらでも煮物にコクが足りないときは、仕上げに火を少し強めて、鍋まわりをきれいにしながら鍋をゆすると、コクが増して、ググッと美味しくなります。
作り手の気が味になるからかしらね♡

鮭や鱈のお顔は険しいね。北国産だからかしら。


●白山家の卵焼き

<材料(4~5人分)>

第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き

<作り方>

1.Aをボールに入れてよ~く混ぜる。

2.卵焼き器を火になじませておく。中火から中火強で、Aの卵液を2~3回に分けて焼く。

3.白山家の焼き方は、オリーブオイル小さじ1強をなじませたらAを半量入れ、菜箸でかき卵にして全体に広げてから手前半分に返す。

4.油をひき、卵を向こう側におき、手前にも油をなじませ、残りのAをほとんど入れ、向こう側の卵の下にも卵液を2回くらいしのび込ます。

5.手前の卵液は、泡をつぶしながらゆるいかき卵くらいにして、向こう側の卵が焼けたら手前に折る。ちょっと残った卵液は、型を整えるために手前に入れ、角を整えます。

6.仕上げは写真の卵焼きの下にひいた板を使って、卵焼き四面を焼き整えます。


白山お母さんより

第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き

白山家の卵焼きは水入りスクランブル焼きです。


**白山家お母さんお便り**

朝晩は冷え込むようになりましたが、日中の乾いた空気はとても気持ちいいですね。
九品仏浄真寺の桜やイチョウけやきも色づき始めました。
尾山台への買物道のくちなしの実は、ふっくら赤くなって、おせちの出番を待っているようです。

家からすぐの空地には黄色のセイタカアワダチ草やあかまんま、ねこじゃらし、ススキ、山牛傍(そば)が茂っていて、店頭や玄関の花になります。店頭のサフランは花がつき、赤いめしべをなが~く伸ばしています。

第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き

左:くちなし
中:セイタカアワダチ草、あかまんま他
右:サフラン

第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き

ここ数年わが家2階に日陰をつくってくれたモッコウバラは、いよいよ切らなければならなくなりました。都会で木々を育てるのは、落葉や害虫などがあって、むずかしいです。

ご近所の樫の木は迷惑していないのに、業者の人が来て根っこごと切られてしまい淋しいです。


<夫から受け売りのギフト>
そろそろ忘年会やPARTY(パーティー)の予定があるころですね。
そんなとき、お土産にハートラベルのワインはいかがでしょう?

2010年のサッカーワールドカップで決勝ゴール初優勝を飾ったスペインリーグMF.アンドレス・イニエスタ氏が故郷で醸造するワイナリー(コルク栓にまでハート柄入り)のワインです。そのとき新聞には、決勝点をあげたばかりかユニフォームの下には亡き友へのメッセージの文字をしたためていて、国民的に有名になったイニエスタ選手です。
亡き友は、2009年8月急死した親友、スペインリーグのエスパニョール元主将。

第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き

左:イニエスタ氏が故郷で醸造するワイナリーの(ハートラベルの)ワイン
右:2010年7月13日の朝日新聞より


<手作り>

~夏から~

第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き

食卓の座布団
"金旺日のトラング"で求めたアメリカンクロス。

夏休みの宿題のように夢中で作った想い出布のパッチワークバック。
裏地は高校生のときにスカートにしていたヨーガンレールの布。手さげは、ギフトのひもを編んで、ショルダーベルトは昔々のバッグの再利用。

第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き
左:イタリアの紙を使ったノートとメモ挟み。おしゃれで素敵。
中:寒くなると手糸恋しく、せくせく編みます。糸は、ドイツのくつ下用手糸で、この色合いはゴッホの絵画だそうです。
右:ザクザク編んで、室内履き。


<食卓>

第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き
左:大ぶりに切った夏野菜のラタトゥイユ。にんにく、オリーブオイルで煮込む。
中:紫キャベツと茗荷の酢漬け。ハチミツ入り。
右:有頭えびと春雨、豆腐の中華煮込み。

第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き
左:淡白な"かます"は、水っぽいから干物に。
中:小茄子の塩漬け。ツソの実の醤油漬け。生海苔や小鮎の佃煮。
右:新生姜の赤ワイン煮。黒砂糖と醤油で。

第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き
左:秋刀魚の有馬煮。冷凍しておいた実山椒と圧力鍋で骨までいただける。
中:本の新、帯のうらにある鮭ちゃんちゃん焼。
右:乾し筒と生麩の煮物。

第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き
左:レンコンとエビのバター焼き。
中:ワカサギと秋野菜のマリネ。だんだんワカサギが育って大きくなります。
右:酢イカと分葱、菊のぬた。菊は甘酢漬けにしておく。

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

白山米店のお母さんと娘

自由が丘、白山(はくさん)通りに50年近く前からあるお米屋さん。1996年よりお弁当の販売を開始。毎週水曜日のみ、おかあさん手作りのおいしいお弁当が食べられます。愛情たくさんのおかずと、お米屋さんならではのおいしいお米で地元ファンが通う人気店。

バックナンバー