白山米店のやさしいご飯

<白山お母さんより>

第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き

 年末年始の集いに、ほぼみんなが喜ぶ、とっておきのデザートです。
 "終わりよければ、すべてよし"ということで。
 ごはんのあとにいただくデザートがおいしいと、嬉しくなるし、食事がランクアップします。中国料理のデザートですが、このレシピは、とても滑らかな口当たりで、和食にも洋食にも合います。

第56回 香り高い杏仁豆腐

2013.12.28更新

<材料(8〜10人分)>


第56回 香り高い杏仁豆腐

<作り方>
1. 鍋にBを入れ、杏仁霜がとろ〜ん ととけるまで、たえず静かに混ぜる(沸騰はさせない)。鍋のへりに小さな泡が出はじめ、ゼラチンの溶ける80℃以上になったら火を止め、Aを加えとかす。
2. 粗熱がとれたらCを入れよく混ぜ、茶こしなどでこす。器に分け冷蔵庫で半日くらい、豆腐のように固まればよい。シロップを適量注ぎ、ミントをのせてできあがり。
※大きな器で作り、お玉で取り分けてもよい。

<白山お母さんより>

第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き

杏仁霜(「あんにんそう」、もしくは「きょうにんそう」)は、スーパーマーケットで150g入り600円くらいです。杏仁は中国では薬膳で、お湯にといて、飲んだりするそうです。
アマレットは杏のリキュールで、甘い香りがします。小さな瓶売りがあります。

<白山米店娘さんより>

第54回 えのき茸と長ネギの中華焼きそば黒胡椒風味 鱈と白インゲン豆の煮込み 白山家の卵焼き

幸せな気分になる、とお客さまから言われた杏仁豆腐です。
丼ぶりで食べた〜い☆

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

白山米店のお母さんと娘

自由が丘、白山(はくさん)通りに50年近く前からあるお米屋さん。1996年よりお弁当の販売を開始。毎週水曜日のみ、おかあさん手作りのおいしいお弁当が食べられます。愛情たくさんのおかずと、お米屋さんならではのおいしいお米で地元ファンが通う人気店。

バックナンバー