今月のミシマ社

第12回

絶好調! 「ミシマ社から読者へ 春の贈り物編」フェア 紀伊國屋書店梅田本店 百々さんインタビュー!

2019.04.07更新

【編集部より緊急告知!】

4月23日(火)夕方17時頃〜19時過ぎまで「手売り祭」開催決定!

作り手から読み手へ直接本を届ける手売り祭、今回もやります!
代表・三島と京都オフィスメンバーが、紀伊國屋書店梅田本店さんの店頭にわいわい集結。
皆さまに直接、本のことをお伝えいたします。

ご来店、お待ちしております!

------

 4月からスタートし、とにかく絶好調の紀伊國屋書店梅田本店さんでのミシマ社フェア。開始から1週間ちょっとで早くも100冊を突破しました!
 今回のフェアは「ミシマ社から読者へ 春の贈り物編」というテーマ。目玉は、何と言っても、このフェア限定帯での展開です! 著者の先生の直筆コメントや、紀伊國屋梅田の書店員さん、そしてミシマ社メンバーの手書きコメントがそのまま「贈り物帯」になっています。

IMG_7897.JPG

IMG_7888.JPG
 新しい道を進む人や、自分へのプレゼントに。思わず贈りたくなる本を揃えておりますので、どうぞお立ち寄りくださいませ!
 そして今回は、このフェアに声をかけてくださった、ミシマガでは「百々大賞」でお馴染みの紀伊國屋書店梅田本店の名物書店員・百々典孝さんにお話を伺いました。いったい、なぜこのフェアを開催することになったのか・・・、プチ・インタビューをどうぞ!



ーーどういう経緯でこのフェアにお声がけくださったのですか?

百々 4月って、お店に新しいお客さんが一番多くいらっしゃる時期なんです。また、いつも通ってくださっているお客さんも、フレッシュな気分でいらっしゃる。そういった読者の方たちに向けて、書店として何を発信しようかな、と考えていたら、「あ、ミシマ社だ! そして、ライツ社も!」と思いついたんですね。

ーーおお! ありがとうございます! でもどうしてこの2つの出版社に?
 
百々 4月は就職や転勤で関西以外から初めて大阪に来るお客さんもいるでしょうし、関西のおもろい出版社を打ち出すということは決めていました。それで、お客さんもフレッシュな気持ちになる本を出している出版社というと、「ミシマ社」と明石で数年前にできた「ライツ社」やな、と。どちらも若いメンバーがやっていて元気がありますし。

ーー 百々さん的推しポイントはありますでしょうか。

百々 そうやなあ。ミシマ社とライツ社は、いつも僕の発想を超えて来るというか、この角度から来たかあ、みたいな本が多いんですよ。そこがおもろい。

ーー おお! ありがとうございます。今までやってきたフェアのなかで一番印象に残っているフェアはありますか?

百々 やっぱり、去年のミシマ社フェアでの「手売り祭」かなあ。読者の方にミシマ社の面白さ、そしてその本の面白さを直接話せたのはほんとおもろかったです。

ーー ちなみに今回のフェアのテーマは、「ミシマ社から読者へ 春の贈り物編」なのですけれど、百々さんは贈った本のなか「これは!」という本はありますか?

百々 リンドグレーンの岩波少年文庫から出ている『エーミルの大すきな友だち』やね。

ーー どなたに贈ったのですか?

百々 奥さんに贈りましたね。この本の主人公のエーミルは、いたずらばっかりする子なんですよ。でも、いい意味でただのいたずらで終わらなくて。機転がきく、というかめちゃめちゃ地頭がいい。仲間の作り方、人の巻き込み方、お金の稼ぎ方、生きる上で大切なことはたいてい、この一冊から学びました。

ーー 読んでみたいです。買います! ちなみに最後に、おすすめのミシマ社本も聞かせていただいていいですか。

百々 なんやろなあ。いろいろあるけど、やっぱり『街場の教育論』(内田樹)かなあ。学校の先生だけやなくて、人の上に立つ人、まあそうでない人も全員必読やと思います。

ーー 嬉しいです!

IMG_7854.JPG


※『エーミルの大すきな友だち』、『街場の教育論』は百々さんの手書きコメント帯にて展開中です! 

ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしましゃへんしゅうぶ)

 

編集部からのお知らせ

※手売り祭りを開催します! 4月23日(火)に手売り祭りを開催します!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『しあわせしりとり』・デザインの魅力 

    『しあわせしりとり』・デザインの魅力 

    ミシマガ編集部

    20日(土)に発刊しました『しあわせしりとり』。この本の装丁をされたのは、大ヒット(!)『今日の人生』と同じくデザイナーの大島依提亜さん。この本もまた、こだわりのポイントがいっぱいつまっています。本日は、『しあわせしりとり』の魅力をお伝えしながら、この本に大島さんが込めた魔法のデザインをご紹介します。

  • 数学の贈り物数学の贈り物

    数学の贈り物

    森田 真生

    昨日、二年ぶりに、熊本の長崎書店で「数学ブックトーク」があった。会場の「リトルスターホール」は書店と同じビルの三階にある居心地のいい空間である。窓の外では、クスノキたちが気持ちよさそうに葉を揺らせている。大きな窓から、あたたかな春の光が差し込む。二年前と同じ場所で、同じ光に包まれながら、僕は、公演前最後の準備を進める。

  • 胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    ミシマガ編集部

    発売から1カ月半ほど経った『胎児のはなし』、「本当におもしろかった! 知らなかったことがたくさん!」という読者のみなさまの声をたくさんいただいています。そして新聞などメディアでの紹介が続き、おかげさまで3刷大増刷中です!

  • イスラムが効く!

    『イスラムが効く!』刊行直前 内藤正典先生インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    今週末2019年2月23日(土)に『イスラムが効く!』が発売となります。イスラム地域研究者の内藤正典先生と、イスラム法学者でありムスリムである中田考先生による対談本。『となりのイスラム』(内藤正典著)から2年半ぶりに、ミシマ社からは2冊目のイスラムに関する本が登場です。本を書き終えた内藤先生に、とくにこれは日本人に効く!という場面を詳しく教えていただきました。2日にわたってお届けします。

この記事のバックナンバー

ページトップへ