ミシマ社サポーター名鑑

第7回

神奈川の嘉登先生

2021.11.28更新

 今月登場いただくサポーターさんは、「こんな先生に授業を習いたかった!」と会うたびに思う、高校の国語の先生です(現在は学校での教員生活はお休みされています)。課外授業で生徒さんと一緒に自由が丘オフィスに来てくださったり、ミシマ社の本を題材に授業をしてくださったこともあります。先生のクラスはいつも楽しそうで、作った本がこうして読者に届き、広がっていくのを目の当たりにするのは、私たちにとっても大きな喜びです。今回はそのうちの一冊にまつわるお話をご紹介くださいました。

『THE BOOKS』が結んでくれた「ご縁」いろいろ ー サポーターNo.242 嘉登隆さん

筆者近影.JPG

 はじめまして、神奈川県の県立高校で国語の教員をしていた嘉登と申します。内田樹さんの『街場の教育論』(2008年刊)でミシマ社と出会い、朝日新聞の夕刊紙面で三島邦弘さんと巡り会いました。それがきっかけで、校外学習として生徒と自由が丘のオフィスを訪ね、三島さんやスタッフの皆さんと卓袱台を囲むことになります(2010年1月)。その時のことを生徒は次のように記しています。                    

元下宿屋だったというオフィスには昭和の香りがする一昔前の台所や共同トイレがあり、アットホームで庶民的な生活感が満ち、あまり会社という雰囲気がしない。会社ができて4年目に入ったが、社長の三島さんを含めて社員は七人しかいない。会議は畳の和室に置かれたデスク脇の卓袱台を囲んで行っている。その卓袱台をみんなで囲んで昼食をとるなど、家族のように仲がいい。

 ところで、自由が丘はぼくの青春の思い出の地でもあります。話は1981年にさかのぼります。

 アルバイト先で知り合った、大学で日本史を専攻している河合奈保子似の子にゼミの課題の古文書の解読を頼まれ、チャレンジしたものの自信がなかったので、ぼくの通う大学の日本史の教授に事情を伏せて教えを請うことにしました。窓際の机で書き物をしていた先生は、突然訪ねてきた見知らぬぼくの求めに応じ、優しく教えてくれました。解読を終えると、先生は机に戻り、また書き物を始めました。その背中に向かって礼を述べると、先生はペンを走らせながら「それはK大学のA先生のゼミのテキストだね。君の彼女のでしょ」と静かに言いました。大学を後にしたぼくは渋谷で彼女と落ち合い、自由が丘の彼女のなじみの喫茶店のテーブル席で件の古文書を解読してみせました。

 40年の月日が経ち、その店があった路地には生活雑貨のお店が軒を並べています。今でも、当時、巷に流れていた西田敏行の「もしもピアノが弾けたなら」を聞くと、あの路地のたたずまいを思い出します。ちなみに教授とのエピソードは、来春から高校で使用される、とある国語教科書の関連書籍に掲載されます。

 そんな思い出の地から『THE BOOKS』が生まれ、ぼくと書店員さんとの間に様々な縁を結び、生徒の学びを広げていきます。そのきっかけとなったページと、それにまつわる思い出をいくつかご紹介します。

BOOKS書影.JPG

『THE BOOKS ー 365人の本屋さんがどうしても届けたい「この一冊」』
全国365人の書店員さんによる「どうしても届けたい」一冊を、手書きのキャッチコピーと共に紹介するブックガイド。

348.JPG

1)『THE BOOKS』No.348『おんなのことば』茨木のりこ(著 ー 選者:ジュンク堂書店 那覇店(掲載当時)香川紀子さん

 ぼくも茨木さんの詩が好きだったので、茨木〝推し〟の一人として香川さんに電話をかけました。そのご縁で2012年から7年にわたり沖縄研修旅行の事前学習で制作した生徒作品を、旅行日程に合わせて店舗に展示していただきました。その間、沖縄の関連本を教材にしてPOPやリレー小説といった様々な手立てを用いて創作活動を行い、その成果を沖縄の皆さんに届けることができました。

ジュンク堂書店那覇店 展示風景 (2).jpg

2)『THE BOOKS』No.013『あなたの中のリーダーへ』西水美恵子(著) ー 選者:石堂書店 石堂智之さん

 石堂さんとは『THE BOOKS』を頼りに本屋さん巡りをしたときに出会いました。石堂さんから「地元に縁のある西水さんが高校生と話したがっている」と聞き、帰国した折、学校にお招きして授業をしていただくことになりました。西水さんの生徒の言葉にじっと耳を傾ける姿が今でも印象に残っています。

西水美恵子さん 特別授業.JPG

3)『THE BOOKS』No.135『対訳ディキンソン詩集』エミリー・ディキンソン(著) ー 選者:SUNNY BOY BOOKS 高橋和也さん、『THE BOOKS』No.147『芸術家Mのできるまで』森村泰昌(著) ー solid & liquid MACHIDA(掲載当時)北田博允さん

高橋和也さん 北田博允さん 特別授業(1).JPG左:高橋さん 右:北田さん

 お二人とはミシマ社の渡辺さん(掲載当時)を通じて知り合いました。その二人を架空のラジオ番組(MCは高校生)にお招きし、それぞれのおすすめ本を紹介していただきました(収録は学校近くの花屋さんで行いました)。授業では収録テープを聴き、その本の紹介文を作りました。

高橋和也さん 北田博允さん 特別授業  (2).JPG

 こうして『THE BOOKS』が結んでくれたご縁で、ぼくはミシマ社のサポーターになりました。そして、今は地元の無料塾でボランティアとして様々なしんどさを背負った中学生に国語を教えています。『THE BOOKS』からいただいたミシマ社とのご縁をそんな子どもたちとも分かち合いながら、これからも無料塾を通して「街場の教育」に関わっていこうと思っています。

ミシマ社+ミシマ社サポーター
(みしましゃ+みしましゃさぽーたー)

編集部からのお知らせ

2022年度ミシマ社サポーターを募集をします(来月より)。

来年度のミシマ社の出版活動を応援してくださる、ミシマ社サポーターを募集いたします。サポーター制度の詳細やご入会方法については、12月3日(金)にミシマガほか、ミシマ社のホームページ、SNS等でご案内いたします。

募集期間:2021年12月3日〜2022 年3月31日
サポーター期間:2022年4月1日~2023年3月31日

ミシマ社ホームページ:https://mishimasha.com/
ミシマ社ツイッター:@mishimasha

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 高橋さん家の次女 第2幕

    序 〜怒られの人〜

    高橋 久美子

     話題沸騰中の高橋久美子さんによる書籍『その農地、私が買います』の続編が、本日よりスタートします!「実家の畑をソーラーパネルにしたくない」。その思いを胸に、故郷の農地をめぐる複雑な事情とご自身の奮闘ぶりを赤裸々に綴ってこられた高橋さん。書籍発表を経た今、地元で、東京で、どんな声を聴き、何をしようとされているのでしょうか? 「続編を」というたくさんの声にお応えして、「高橋さん家の次女」第2幕がついに開幕します!

  • 斎藤幸平×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 コモン再生は日本のグローバルサウスで芽吹く(前編)斎藤幸平×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 コモン再生は日本のグローバルサウスで芽吹く(前編)

    斎藤幸平×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 コモン再生は日本のグローバルサウスで芽吹く(前編)

    ミシマガ編集部

    『人新世の「資本論」』(集英社新書)がロングセラーになっている斎藤幸平さんと、『菌の声を聴け』(ミシマ社)の著者タルマーリー(渡邉格・麻里子)の対談が実現しました! パンクロック、食、気候変動、マルクス、脱成長コミュニズム・・・。実践と理論を通じて、これからを生き延びるためのコモン再生の方法を探るエキサイティングな対談の一部をお届けします!

  • 『その農地、私が買います』、多彩な反響が続々!!『その農地、私が買います』、多彩な反響が続々!!

    『その農地、私が買います』、多彩な反響が続々!!

    ミシマガ編集部

     発売から約1カ月、高橋久美子著『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』は、感想をくださる方々の老若男女の幅や、どの角度から興味を持ち心を動かしてくださったかという切り口の多彩さが、際立っているように感じます。たくさんの媒体の方に取材いただくなかで、あらためて見えてきたこと、そして本書の魅力を、編集ホシノからお伝えします。

  • 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    ミシマガ編集部

     先日ついに『辛口サイショーの人生案内DX』が発刊しました! 多種多様なお悩みに対する最相さんの回答は、「どうやったらこんな答えを編み出せるのか?」と思ってしまうものばかり。「誰かの悩みに触れつづけると、どんな感覚になるのだろう?」という問いも湧きました。とにかく、舞台裏が気になってしかたがありません。 そこで、新人スミが最相さんご本人にインタビューさせていただきました! 「人生案内」の職人技を垣間見れば、本に収録された回答も一層おもしろく読めること間違いなし。貴重なお話の数々を、2日間にわたってお届けします!

この記事のバックナンバー

01月23日
第8回 GOOD NATURE STATIONの田尻さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
11月28日
第7回 神奈川の嘉登先生 ミシマ社+ミシマ社サポーター
10月24日
第6回 西尾の寺田商会さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
09月23日
第5回 北海道の 暮らしと珈琲 みちみち種や さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
08月31日
第4回 経営学の研究者・神吉さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
07月25日
第3回 岐阜の深澤さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
06月27日
第2回 富山の一本ゲタ大使館さん ミシマ社+ミシマ社サポーター
05月23日
第1回 桐生の齋藤さん  ミシマ社+ミシマ社サポーター
ページトップへ