MS Live! 制作室

MSLive! イベント・講座一覧

2020.05.28更新

ms1.png

MSLive!は、空間を超えて「生きた言葉」を届ける、ミシマ社主催のオンラインライブです。

首都圏では緊急事態宣言が出るなど、全国で新型コロナウイルスの感染拡大の勢いが増しております。ミシマ社では、昨秋発刊の「ちゃぶ台6」の特集を「非常時代を明るく生きる」としたように、一貫して、厳しい時期を「明るく」乗り切るための知恵とアイデアを提示できるよう努めております。
そのひとつの取り組みとして、このMSLive!、自信をもっておすすめしたいです。
自宅など感染リスクの低い安全な場所で、大いに学び、かつ、明るく生きるための「タメ」の時間をもつ。そのために、MSLive!をご活用賜ればと願ってやみません。

MSlive!オンライン配信一覧

MSアーカイブ(録画動画)一覧

4月の配信予定

◎カレンダーの各項目をクリックすると、詳細が表示されます。

その月の対象講座が全てご視聴いただける「月刊MSLive!」好評発売中です!

2941547c94e24ce2807f.jpg

毎月「特集」として大きなイベントがあり、「連載」として月に1回開催する講座もあり、コラム記事のような単発企画もあり・・・。
1カ月の中でバリエーションがあり、思いもよらぬ記事が読めるような面白さもある。これからのMSLive!を「雑誌」のような場としていくべく、「月刊 MSLive!」をスタートします。
ご好評につき、4月も特別価格¥5,000+税で販売しています。ぜひこの機会にお試しください!
※月の途中からお申し込みいただいた場合でも、すでに終了したものはアーカイブ動画をご視聴いただくことができます。

お申し込みはこちら

現在受付中のイベント・講座

※MSLive!にはじめて参加する方は、「MSLive!の参加方法」をご覧ください。アクセスの仕方など、分かりやすくまとめています。

1dccc353f31b7b106ee4.jpg c4a68cb33a4e5a1677f8.jpg

910fcdcc5f457a34289d.jpg 7952e79ee515040c2d99.jpg

144116c23852c79bed0b.jpg

20210407.jpg

森田真生さんと瀬戸昌宣さんとともに思考し、実践する、週刊「学びの未来」(週1回)と「学びの未来 座談会」(月1回)。2021年4月の開催日程が決まりました! 今月のテーマは、学びはどこまで「土地」から自由になれるかです。今回からのご参加も大歓迎です。お待ちしております。
これまでの「学びの未来」の活動を振り返った、「学びの未来のこれまでとこれから」はこちら。

現在アーカイブ配信中のイベント・講座

720bd5d578921341d994.jpg

de5ab468809234e21146.jpg 881f1aab64b0b42eec13.jpg

cbc0d80b015dc75b4cfd.jpg 93943a08c7631ee8c538.jpg

cb5416662566ba4a6696.jpg 0445627e1605a57e6e81.jpg 

6c626af519c741c4fb29.jpg aa409e60e3c15be83503.jpg

MSLive! 開始にあたって

待っている人のもとへ確かな言葉をーー原点回帰の出版活動

新型コロナウイルス感染拡大の危険がつづく日々、いかがお過ごしでしょうか?
なかなか先が見えませんが、私たちの書籍や出版活動が少しでも皆さまの日常に彩りを添えるものであれば、これほど嬉しいことはありません。

そういう思いもあり、このたび、ミシマ社ライブ(通称 MSLive!)というオンラインイベントを積極的に企画・開催していくことを決めました。
決め手は、オンラインで開催した二つのイベント「この日の学校」(4/19)、「パンデミックを生きる構え」(4/25)でした。
参加者の方々から、「開催してくれてありがとう!」といった溢れる思いが詰まった声を多数いただきました。
情報が錯綜するなか、こうした確かな声を欲していた、いう声もありました。
そうか、そういうことか!
私のなかで、その瞬間、「これぞ出版の原点回帰だ」と思えたのです。
待っている人のもとへ、確かな言葉を届ける。
思えば、ミシマ社の本はすべて、「生き物」のような生命力の高い本でありたい。そう願ってきたわけですが、両イベントの言葉は文字通り、その瞬間生成された生きた言葉でした。それを、空間的縛りを超えて「一人」のもとへお届けする。これぞ、出版活動の原点、出版メディアとして果たすべき仕事ではないか。大きな気づきとなって、そのように感じた次第です。

今後、私たちが時間をかけて関係を築いてきた確かな方々と、確かな言葉を、MSLive!でお届けしていければと考えております。

2020年5月28日 ミシマ社 三島邦弘

ms1.png

MSLive!は、空間を超えて「生きた言葉」を届ける、ミシマ社主催のオンラインライブです。

首都圏では緊急事態宣言が出るなど、全国で新型コロナウイルスの感染拡大の勢いが増しております。ミシマ社では、昨秋発刊の「ちゃぶ台6」の特集を「非常時代を明るく生きる」としたように、一貫して、厳しい時期を「明るく」乗り切るための知恵とアイデアを提示できるよう努めております。
そのひとつの取り組みとして、このMSLive!、自信をもっておすすめしたいです。
自宅など感染リスクの低い安全な場所で、大いに学び、かつ、明るく生きるための「タメ」の時間をもつ。そのために、MSLive!をご活用賜ればと願ってやみません。

MSlive!オンライン配信一覧

MSアーカイブ(録画動画)一覧

4月の配信予定

◎カレンダーの各項目をタップすると、詳細が表示されます。

その月の対象講座が全てご視聴いただける「月刊MSLive!」好評発売中です!

2941547c94e24ce2807f.jpg

毎月「特集」として大きなイベントがあり、「連載」として月に1回開催する講座もあり、コラム記事のような単発企画もあり・・・。
1カ月の中でバリエーションがあり、思いもよらぬ記事が読めるような面白さもある。これからのMSLive!を「雑誌」のような場としていくべく、「月刊 MSLive!」をスタートします。
ご好評につき、4月も特別価格¥5,000+税で販売しています。ぜひこの機会にお試しください!
※月の途中からお申し込みいただいた場合でも、すでに終了したものはアーカイブ動画をご視聴いただくことができます。

お申し込みはこちら

現在受付中のイベント・講座

※MSLive!にはじめて参加する方は、「MSLive!の参加方法」をご覧ください。アクセスの仕方など、分かりやすくまとめています。

1dccc353f31b7b106ee4.jpg c4a68cb33a4e5a1677f8.jpg

910fcdcc5f457a34289d.jpg 7952e79ee515040c2d99.jpg

144116c23852c79bed0b.jpg

20210407.jpg

森田真生さんと瀬戸昌宣さんとともに思考し、実践する、週刊「学びの未来」(週1回)と「学びの未来 座談会」(月1回)。2021年4月の開催日程が決まりました! 今月のテーマは、学びはどこまで「土地」から自由になれるかです。今回からのご参加も大歓迎です。お待ちしております。
これまでの「学びの未来」の活動を振り返った、「学びの未来のこれまでとこれから」はこちら。

現在アーカイブ配信中のイベント・講座

720bd5d578921341d994.jpg

de5ab468809234e21146.jpg 881f1aab64b0b42eec13.jpg

cbc0d80b015dc75b4cfd.jpg 93943a08c7631ee8c538.jpg

cb5416662566ba4a6696.jpg

130d30244a2bc5913f58.jpg 0445627e1605a57e6e81.jpg 

6c626af519c741c4fb29.jpg aa409e60e3c15be83503.jpg

948cace4de59f5afac14.jpg 83cfd5c599a91897676d.jpg

d5e895430d5ed9ebbb44.png 2douga.jpg

MSLive! 開始にあたって

待っている人のもとへ確かな言葉をーー原点回帰の出版活動

新型コロナウイルス感染拡大の危険がつづく日々、いかがお過ごしでしょうか?
なかなか先が見えませんが、私たちの書籍や出版活動が少しでも皆さまの日常に彩りを添えるものであれば、これほど嬉しいことはありません。

そういう思いもあり、このたび、ミシマ社ライブ(通称 MSLive!)というオンラインイベントを積極的に企画・開催していくことを決めました。
決め手は、オンラインで開催した二つのイベント「この日の学校」(4/19)、「パンデミックを生きる構え」(4/25)でした。
参加者の方々から、「開催してくれてありがとう!」といった溢れる思いが詰まった声を多数いただきました。
情報が錯綜するなか、こうした確かな声を欲していた、いう声もありました。
そうか、そういうことか!
私のなかで、その瞬間、「これぞ出版の原点回帰だ」と思えたのです。
待っている人のもとへ、確かな言葉を届ける。
思えば、ミシマ社の本はすべて、「生き物」のような生命力の高い本でありたい。そう願ってきたわけですが、両イベントの言葉は文字通り、その瞬間生成された生きた言葉でした。それを、空間的縛りを超えて「一人」のもとへお届けする。これぞ、出版活動の原点、出版メディアとして果たすべき仕事ではないか。大きな気づきとなって、そのように感じた次第です。

今後、私たちが時間をかけて関係を築いてきた確かな方々と、確かな言葉を、MSLive!でお届けしていければと考えております。

2020年5月28日 ミシマ社 三島邦弘

MS Live! 制作室

MS Live! 制作室
(えむえすらいぶ せいさくしつ)

2020年4月より、空間を超えて「生きた言葉」を届ける、ミシマ社主催のオンラインライブ(通称 MSLive!)がスタート。

これから開催するイベントや、開催したイベントのあれこれについて制作チームがお届けします!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • ダンス・イン・ザ・ファームダンス・イン・ザ・ファーム

    珍しい日々 〜「ダンス・イン・ザ・ファーム」刊行に寄せて〜

    中村 明珍

    『ダンス・イン・ザ・ファーム』が、いよいよ明日刊行です。本日は著者の中村明珍さんに発刊までの日々についてご寄稿いただきました。たくさんのご縁と思いが詰まったこの一冊。記事の最後にアップされている動画にもご注目ください!

  • コモンのつくり方、ひらき方(1)光嶋裕介×斎藤幸平

    コモンのつくり方、ひらき方(1)光嶋裕介×斎藤幸平

    ミシマガ編集部

     2021年1月に刊行した、建築家・光嶋裕介さんによる著書『つくるをひらく』。後藤正文さん、内田樹さん、いとうせいこうさん、束芋さん、鈴木理策さん、5名の表現者とともに「つくるとはどういうことか?」を考え続けた、著者の思考の軌跡が詰まった一冊です。  本書の刊行記念トークイベントの第1弾では、『縁食論』著者の藤原辰史さんと「あいだ」のつくり方、ひらき方についてお話しいただきました。そして、第2弾となる今回は、対談ゲストとして『人新世の「資本論」』著者・斎藤幸平さんがご登場! 人新世、資本主義、気候変動といった大きな問題に対峙し、「コモン」という切り口から、新たなコミュニズムのかたちを提示する斎藤さんと、「コモン」のつくり方、ひらき方について対談した模様を、今日、明日で掲載いたします!

  • 46歳で父になった社会学者

    『46歳で父になった社会学者』感想続々&刊行記念イベントのお知らせ

    工藤 保則

    3月に刊行した『46歳で父になった社会学者』、もうすぐ発売から1カ月を迎えようとしています。連日この本へ寄せられる感想がとにかく熱く、本日はその一部をご紹介します。

この記事のバックナンバー

01月13日
第15回 「学びの未来」のこれまでとこれから MS Live! 制作室
01月02日
MSLive!の参加方法 MS Live! 制作室
12月30日
第14回 「こどもとおとなのウィンタースクール2021」を開催します! MS Live! 制作室
11月21日
第13回 土井善晴先生のMSLive!まとめ MS Live! 制作室
10月29日
第12回 11月のMSLive! MS Live! 制作室
09月28日
第11回 「大人のためのオータム講座2020」開催します! MS Live! 制作室
09月22日
第10回 10月のMSLive! MS Live! 制作室
09月15日
MSLive!が定額・見放題に! MS College、はじめます。 MS Live! 制作室
08月27日
第8回 MS Live! 制作室
07月12日
第7回 「夏が楽しくなる!大人のためのサマー講座」各講座の詳細 MS Live! 制作室
07月10日
「こどもとおとなのサマースクール 2020」各講座の詳細&チケット MS Live! 制作室
07月07日
第6回 「こどもとおとなのサマースクール 2020」開催のごあいさつ&チケットのご案内 MS Live! 制作室
07月07日
第5回 「夏が楽しくなる!大人のためのサマー講座」開催のごあいさつ&チケットのご案内 MS Live! 制作室
07月03日
第4回 「夏が楽しくなる!大人のためのサマー講座」&「こどもとおとなのサマースクール 2020」開催します! MS Live! 制作室
06月22日
MSLive! 連続講座、続々開催中! MS Live! 制作室
05月28日
MSLive! イベント・講座一覧 MS Live! 制作室
05月27日
第1回 MSLive!の裏側、お届けします MS Live! 制作室
ページトップへ