教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1)

第8回

教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1)

2018.12.23更新

1224-5.jpg

『生きるように働く』ナカムラケンタ(ミシマ社)

『生きるように働く』の著者であるナカムラケンタさんは、求人サイト「日本仕事百貨」を運営されています。そして、この度その日本仕事百貨で新しいスタッフを募集することにしたミシマ社。12月5日のお昼にその求人ページのための取材で、ミシマ社メンバーが、ナカムラさんからインタビューを受けたのでした。その夜には今度はミシマ社メンバーがナカムラさんへ逆インタビューする「教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと」というイベントをご近所のかもがわカフェさんで開催。今回のミシマガでは、そのイベントの様子をお届けします。「これからの働き方・生き方」を前向きに考えていきたい方々へ。1日目は、ミシマ社と採用の話、2日目はお客さんも交えてのトークをどうぞ!

なぜ、日本仕事百貨で採用を?

三島 9月にミシマ社から発刊した『生きるように働く』の著者、ナカムラケンタさんです。よろしくお願いします!

ナカムラ こんばんは。「日本仕事百貨」という求人サイトや、「popcorn」という誰でも映画館が作れるサービスをやっているナカムラケンタです。よろしくお願いします。三島さんと初めて会ったのは10年くらい前で、何かのご縁で求人をさせていただいたんですよね。

三島 そうです。日本仕事百貨さんで「営業事務アルバイト」を募集したんです。それをみて入ってきたのが、自由が丘で今編集をやっている星野で。この『生きるように働く』も星野が編集しました。

ナカムラ そうでしたね。証券会社を辞めて、ミシマ社に入るという。そして今回も募集されるということで。

三島 そうなんです。先日自転車で鴨川を走っていたとき、突然「営業事務・経理のスペシャリストが要る!」って思ったんです。

ナカムラ 突然ですね(笑)。

三島 はい(笑)。それで営業チームリーダーの渡辺と相談したら、「今回はきっと、仕事百貨さんに頼むのがいいと思うんです」と。ミシマ社のスタッフ募集って、基本的には自分たちのホームページにあげるだけだったんですけど、今回はすごく大きな勝負な気がしています。というのもこの10月から13期目に入ってるんですね。

ナカムラ ちょうどひとまわりしたわけですね。

三島 そうです。これまでは、とにかく「おもしろいことやる」に徹してきました。土台づくりより、突っ走ることを優先にしてきた、というか。けど、これからの12年を考えたときに、もう1回、直取引という、僕たちの出版を支えている土台をシステム面から構築していく段階に来ていると感じてまして。

ナカムラ なるほど。それで「営業事務」を。

三島 まず前提の話をすると、ミシマ社は、「直取引」といって、本の卸業である「取次」を通さずに、書店さんと直接やりとりしているんです。多くの出版社は、取次にだけ請求すればいいですし、本屋さんも取次とやりとりすればいい。ですが、僕らは日本全国1000店舗くらいの書店さんに、本や伝票であったり、請求書であったりを毎月お送りしているわけです。

ナカムラ 大変ですね。

三島 そうなんです。うちだけなく、書店さんにも負担がかかっている。でもなぜこんなことをしているのかというと、例えば取次を通すと、本屋さんが注文をしていなくても「配本」といって、本が送られてくることがあったり、逆に希望数の本が届かなかったりもある。つまり、書店に置かれている本は、必ずしも店員さんの「意思」でない可能性もあります。結果、すごい数の本が返品されている。うちの場合は、少なくとも本屋さんの「意思」なく本が置かれることはありません。直接、「熱」を伝えられる「直取引」をするほうが、手間はかかるけれど、読者により届きやすいだろうと考えているんです。

ナカムラ なるほど。

渡辺 実は、私は前職がその取次でして。もちろん取次にもいいところはたくさんあって、出版社と本屋さんのやりとりを楽にしたり、また、発売日に日本全国、どこの書店でも同じ雑誌が買えたりとか、そういうことは取次がないと成り立たなかったんです。でも、戦後の経済が成長しているときはそれでよかったんですけど、そのやり方ではいま完全に行き詰まってしまっている。

三島 そうなんですよ。本の流通も新しい形を考えるタイミングだと思っていて。小さな出版社もいろいろ生まれているのですが、いつもネックになるのがこの流通の部分なんです。本は作れても、届けるときに、実はそこが重要になってくる。

ナカムラ そうなんですね。

三島 ミシマ社も12年経って、これまでのやり方だけでなく、新しい形を考えたい。たとえば通信技術ひとつ取っても、12年前と今では全然違うわけですよ。これから人工知能とか人工生命とか出てくるなかで、そうした科学技術のいいところを取り入れて、直取引の流れをもっとスムーズにしたいです。かつ、それによってより本作り、本を届けることにエネルギーと時間を割けるようにしていきたいなという思いがあります。

ナカムラ なるほど。たしかに今は、いろんなクラウドサービスとか出ているし、もっというと、システムインテグレーターの人とかも、昔よりは少ないコストでやってくれるかもしれないですしね。それにしても、今までそういった営業事務の仕事を、ExcelやAccessを駆使して、人力でやっていたというのがすごいですよ。

三島 僕はExcelも使えないから(笑)。みんなのおかげなんですよ。

渡辺 そう。直取引の職人のような感じで、ミシマ社のなかでガラパゴス的にやってまいりました・・・。

ナカムラ スタッフを募集する必要性がひしひしと伝わってきました。年明けに、「日本仕事百貨」で掲載させていただきますので、もう少々お待ちください!

1224-1.jpg

ナカムラさんからみたミシマ社

ナカムラ 「日本仕事百貨」の取材はだいたい2時間、文字起こしをすると数万文字になったものから、その求人をしている会社のひとつの「根っこ」を探していくんですよ。実は先ほどもミシマ社のスタッフの方に、この求人にあたっての取材をさせていただいたんですけれども、ミシマ社というのは、自分たちが熱をもって「やりたい!」と思ったものをそのまま形にして、そのままの熱で届けるという会社なんだなと感じました。

三島 おお!
 
ナカムラ 自分たちがやりたいということに貪欲というか、素直というか。そんな感じでやってる会社だなぁと思っていて。だから、年1刊行の雑誌『ちゃぶ台』もやってるし、出版社なのに本屋も始めてみちゃったりだとか。

三島 はい。

ナカムラ この根っこさえ届いていれば、どんなに社長が変なことを言いだしても、「あぁ〜、まぁまぁこうなるよね」みたいな感じで他のメンバーも受け入れられるんですよね。今回の取材だと、ここに熱があるなというのが発見しやすかったので、次は記事にするにあたって、その根っこの解像度を上げていく感じです。

三島 いやぁ、本当におもしろかったです。ミシマ社では、「商品」を作るというよりは、ひとつの生きたものを生み出そうと思っていて。ありとあらゆる活動をそうやってやりたいなと思っています。

ナカムラ 『ちゃぶ台vol.4「発酵×経済」号』ができるまでの話も面白かったです。

三島 そうでしたか(笑)。まあいつもだいたいそうなんですが、今回は僕が突然「菌!」とか言い出すわけです。でも、みんなぽかーん、としている。本当は「菌!」、「OK!」みたいなコミュニケーションが成立したらベストと思ってるんだけど(笑)。
 
ナカムラ いやいや(笑)。

三島 まあでもなかなかそうはやっぱりいかなくて。それで「菌は飛ぶよね」みたいに、ちょっとずつ具体的に説明していく。

ナカムラ まだわからないです(笑)。

三島 まあそんな感じなんですけれども、「たとえば」っていうのをどんどん繰り返していくわけです。今回の取材でも、求人を見た人が、入社後にすることをイメージできるように、ナカムラさんが上手に持っていっていましたよね。仕掛け屋・長谷川への質問も見事だな、と思いました。

ナカムラ ありがとうございます。ミシマ社には、編集チームと営業チームのほかに、仕掛け屋チームがあるんですよね。仕掛け屋チームというのは、書店に並んでいるPOPやパネルを作るチームだそうで。

三島 そうです。他にも本に挟み込んでいる「ミシマ社通信」を書いたりだとか、とにかくなんでも仕掛けるぜっという感じです。長谷川の仕事は本当にすごくて、出版社という枠を越えて動いているんです。この前も、銭湯の方から「一緒にフェアをやりましょう」って、声がかかってきたり。

ナカムラ 普通の出版社だったらありえないですよね。本がふやけちゃいそうです。

三島 そうですね(笑)。でも本もよく売れたんです。

ナカムラ すごい。

三島 それで、先ほどのインタビューで、ナカムラさんが、「ミシマ社に入る前と入った後で印象はどう変わったか」って長谷川に聞いていましたよね。

ナカムラ そうですね。

三島 それで、長谷川が「けっこう楽しくワイワイやってると思われがちなんですけど、ちゃんとやるとこはやるんだなぁ」みたいな感じで答えていて。その次のナカムラさんの質問で「ハッ」と思ったんです。

ナカムラ そうですか。

三島 「具体的に初めてそれを感じたのは?」って聞いたときに、なるほど! って思って。長谷川は「あるタイトル会議のときに」とそこから具体的な話になったんですけれども、ナカムラさんのパスというか、話の持っていき方がすごいよかったです。

ナカムラ ありがとうございます。

*つづきは明日更新します

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    ミシマガ編集部

    発売から1カ月半ほど経った『胎児のはなし』、「本当におもしろかった! 知らなかったことがたくさん!」という読者のみなさまの声をたくさんいただいています。そして新聞などメディアでの紹介が続き、おかげさまで3刷大増刷中です!

  • イスラムが効く!

    『イスラムが効く!』刊行直前 内藤正典先生インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    今週末2019年2月23日(土)に『イスラムが効く!』が発売となります。イスラム地域研究者の内藤正典先生と、イスラム法学者でありムスリムである中田考先生による対談本。『となりのイスラム』(内藤正典著)から2年半ぶりに、ミシマ社からは2冊目のイスラムに関する本が登場です。本を書き終えた内藤先生に、とくにこれは日本人に効く!という場面を詳しく教えていただきました。2日にわたってお届けします。

  • 町屋良平さんインタビュー 言語的凝縮を解き放つ(1)

    町屋良平さんインタビュー 言語的凝縮を解き放つ(1)

    ミシマガ編集部

    祝・第160回芥川賞受賞!! 昨年末に「本屋さんと私」に登場してくださった町屋良平さんが、このたび「1R(いちらうんど)1分34秒」にて芥川賞を受賞されました。こちらのインタビューでは、小説を書くという営みについても、丁寧にお話しいただいています。町屋さんの小説をこれから読む方も、すでに読んだ方も、ぜひどうぞ!

  • 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    ミシマガ編集部

    11月22日、『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵)が発売となりました。発売を記念して、この本の著者であり、12月5日にはNEW ALBUM「ホームタウン」を発表したASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当する後藤正文さんと、装丁を手がけてくださった名久井直子さんの対談を2日間にわたり、お送りします。昨日掲載した「あとがき」からさらに踏み込んで、後藤さんがなぜ、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか、そして子どものころから宮沢賢治の作品に触れてきた名久井さんは、今回何を感じられたのか? たっぷりとお届けします。

この記事のバックナンバー

03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ