明日の一冊

2019年3月

ひとり空間の都市論ちくま新書

ひとり空間の都市論

南後由和

ウォークマンからパソコン、そしてスマートフォンへ。メディアとともにその姿を変えてきた人の生活。かつてない独り暮らし社会をあらゆるサービスや現象、身近な例から分析した一冊。匿名の時代に都市は、集合体は、人間はどう舵をとるのか。提言や警鐘でもない、現代の探求。十年後も経てば繰り返し世界は変わります。この本を同じ時代に生きた人間として読むなら、今しかありません。

恵文社一乗寺店 鎌田裕樹さん

2019.03.22

忠吉語録DOOR BOOKS

忠吉語録

野津恵子

新たに母親となった著者が、あらゆる不安を抱えながらたずねた先は、国内で初めて低温殺菌牛乳を流通させた木次乳業の創業者、99歳の"百姓"佐藤忠吉翁。子育て、食、農業、共同体。彼の元をおとずれるなかで得られた金言を紹介した一冊です。身近な年長者に知恵を借り、教えを請う。一昔前の日本では当たり前に広がっていた清らかな姿がそこにあります。松江の本屋、ギャラリー「DOOR BOOKS」から。

恵文社一乗寺店 鎌田裕樹さん

2019.03.20

beの肩書きグリーンズ出版

beの肩書き

兼松佳宏

肩書きにこだわる。あまり良い意味で使われない表現ですが、逆手にとって自分が望む働き方を肩書きにして名乗ってしまおうというやわらかな提案がされたワークブックです。著者の兼松さんが「勉強家」と名乗るように、森田真生さんの「独立研究者」や小倉ヒラクさんの「発酵デザイナー」、ミシマ社の「仕掛け屋チーム」など、当てはまる肩書きが無いならつくってしまえばいい。意思表明にも似た肩書きを持つことから始まる道があるかもしれません。

恵文社一乗寺店 鎌田裕樹さん

2019.03.18

上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門講談社

上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門

上馬キリスト教会

ゆるっと宗教入門の前の入門書をご紹介。3冊目は『上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門』。世田谷区にある上馬キリスト教会はTwitterフォロワー9万人超えの大人気ゆるアカウントで、つぶやいているのは牧師さんでも神父さんでもなくいち信徒さん。厳かなイメージのあるキリスト教をこんなにゆるくていいの?と思ってしまうほど、噛み砕いてわかりやすくゆるっと紹介しています。

ジュンク堂書店池袋本店 4階人文書担当 大滝ひろみさん

2019.03.15

ぶっカフェ星海社COMICS

ぶっカフェ

小林ロク

ゆるっと宗教入門の前の入門書をご紹介。2冊目は『ぶっカフェ』。お坊さんが働いている寺カェ「喫茶去」で巻き起こる煩悩系ほっこり仏教コメディ。仏教は他の宗教と比べたら比較的身近にある宗教ですが、意外と知らない宗派による違い、仏教の教えや豆知識を面白く紹介しています。こんな喫茶店があったら常連客になること間違いなし。癒やされます。

ジュンク堂書店池袋本店 4階人文書担当 大滝ひろみさん

2019.03.13

サトコとナダ星海社COMICS

サトコとナダ

ユペチカ/著、西森マリー/監修

ゆるっと宗教入門の前の入門書をご紹介。1冊目は『サトコとナダ』。日本人の女の子が、留学先のアメリカでサウジアラビアの女の子とルームシェアをするお話。イスラム教の教えや文化がたくさん紹介されていて、読めば読むほどまさに目からウロコ。色々と知らないことが多いイスラム教について知ることができます。なんとなくでしかイスラム教のことを知らないけど、どんな宗教なのか知りたい方にオススメです。

ジュンク堂書店池袋本店 4階人文書担当 大滝ひろみさん

2019.03.11

「和」の行事えほん〈1〉春と夏の巻絵本の家

「和」の行事えほん〈1〉春と夏の巻

高野紀子

春夏、秋冬の2巻あります。心あたたまる季節の絵は、イラストを描くときの参考にしています。日本の伝統行事を再確認しながら英語も学べるので、一挙両得、手元に置きたい1冊です。

(ミシマ社サポーター Hamiさん)

2019.03.04

ばら色の京都 あま色の東京	『暮しの手帖』新編集長、大いにあわてるPHP研究所

ばら色の京都 あま色の東京 『暮しの手帖』新編集長、大いにあわてる

澤田康彦

57歳主夫、『暮しの手帖』編集長に。単身京都から東京へ逆戻りし、妻子と離れて(奥様は本上まなみさん!)雑誌づくりに勤しむ。次々と舞い込む困難をいかに乗り越えるのか!? といった勇ましい話ではまったくありません。息子の幼稚園友だちからは「おじいちゃん」と思われ、引用する歌や例えがいちいち古いと編集部からは白眼視され、タイトルにある京都や東京の話はほとんどなく地元の近江回顧譚がけっこう・・・。と、なんともほのぼのとした一冊でした。脱力系ならぬ、読む者を脱力させるエッセイ集です。

ミシマ社 三島邦弘

2019.03.01

ページトップへ