明日の一冊

2020年4月

本当はちがうんだ日記集英社文庫

本当はちがうんだ日記

穂村弘

タイトルとかわいらしい表紙に惹かれて手に取ったのですが、とても面白くて、ずっとにやにやしながら読んでしまいました(電車の中で)。自意識が強くて、ピュアで、「ダメ」な穂村さんが切り取る日常に、共感しつつ、その独特な世界の見方に何だか少し、心がぞわっとする部分もあります。

(ミシマ社 デッチ 小池聡実)

2020.04.01

ページトップへ