明日の一冊

2022年12月

晴れるまで踊ろう扶桑社

晴れるまで踊ろう

SKY-HI

アイドルでラッパーで社長でプロデューサーで、あらゆる枠からはみ出しながら業界を変えていく挑戦をしていく、静かに熱い語り口のエッセイであり自伝のようでもある本。これはCoolです。

(ミシマ社 岡田森)

2022.12.05

そう書いてあったミシマ社

そう書いてあった

益田ミリ

『東京あたふた族』刊行記念! ミシマ社メンバーが、大好きな益田ミリさんのエッセイをご紹介します! 
 この本は、朝日新聞・好評連載「オトナになった女子たちへ」を一冊にまとめたエッセイ集です。いずれも大人の視点(「若いなあ」とか、「大人になったなあ」とか)から、幼い頃のこと、大人になった今のことを、振り返っている、感じがとても心地良いです。幼い頃に、ガチャガチャを開けたときの喜びや、お腹が痛くなるほど食べたバイキングのこと。門限を超えて母にこっぴどく怒られたことなど、過去の記憶がありありと蘇ってきました。ミリさんの文章を読んでいると、「昔はよかった」ではなく、「昔もよかった」と思えます。きっとそれぞれの年齢には、それぞれの楽しみ方があるんだろうなあ、ということをこの本から教わった気がします。連載名は、「オトナになった女子たちへ」ですが、ぜひ男子にも手に取ってほしい一冊です。もちろんオトナでもないコドモにも。

(ミシマ社新人チーム 西尾晃一)

2022.12.01

ページトップへ