明日の一冊

2022年5月

老後とピアノポプラ社

老後とピアノ

稲垣えみ子

私も大人になってからピアノを習い始めたので悩みが同じで安心?しました。そして勇気とヤル気を預けた1冊です。元々稲垣さんはすてきな方なので文章の流れも彼女らしいキュートな1冊です。たとえばピアノというだけでいろいろな主語(名詞)があてはまる1冊です。

(ミシマ社サポーターさん)

2022.05.27

おやときどきこどもナナロク社

おやときどきこども

鳥羽和久

親の「不足」「未完」のところを丁寧に実話を交えながら語りかけ身に沁みる言葉の宝庫といえる。

(ミシマ社サポーターさん)

2022.05.25

風よあらしよ集英社

風よあらしよ

村山由佳

野枝のようになれるわけもなく、なりたいわけでも決してないのに、その生き方にあこがれてしまうのはなぜだろう。夫の辻と大杉のどちらとも完全に離れる。まずは完全に独りきりになって学問や原稿執筆に集中する時間を持つ。野枝が友人の助言を思い起こし、理詰めで考えるこの場面が、もう本当に大好きです。

(ミシマ社サポーター Hamiさん)

2022.05.23

きんじよミシマ社

きんじよ

いしいしんじ

いしいさんと息子のひとひくん。親子、というよりは、中学生男子二人のようなやりとりがすごく心地よくて、読み進めると気づけば路地にいる、みたいな本です。京都のあちこちが、そしてときにはもっと遠くまでもが「きんじよ」になっていく。新刊『書こうとしない「かく」教室』と合わせて、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

ミシマ社 編集チーム 野崎敬乃

2022.05.13

量子で読み解く生命・宇宙・時間幻冬舎新書

量子で読み解く生命・宇宙・時間

吉田伸夫

量子論はむずかしと思いがちだけれど、これはていねいに解説されていて納得の一冊です。パラレルワールドはない、という事が分るだけでも有り難いです。

(ミシマ社サポーター 下光博之さん)

2022.05.11

いしいしんじのごはん日記新潮文庫

『いしいしんじのごはん日記 』

いしいしんじ

いしいしんじさんの新刊『書こうとしない「かく」教室』が発売になりました。この本ができあがっていった時間は、私にとっては、とにかくずっと「ごはん日記」のシリーズを読みふけっていた時間でした。いしいさんが2001年9月12日から毎日書きつづけている日記。訪れた場所、会った人、起きたこと、仕事の進み具合、そういうことの連なりが流れ込んできて、そこに書かれていない時間の感覚が自分に残る。この感覚の気持ちよさにはまってしまい、自分の生活がそうとう変わりました。

ミシマ社 編集チーム 野崎敬乃

2022.05.02

ページトップへ