2023年度ミシマ社サポーター募集のお知らせ2023年度ミシマ社サポーター募集のお知らせ

第16回

2023年度ミシマ社サポーター募集のお知らせ

2022.12.01更新

 こんにちは! 新人チームの西尾です。師走の候、いかがお過ごしでしょうか?

 ただいまミシマ社は2023年度ミシマ社サポーターを募集しています! 
 そもそも出版社の「サポーター」って何? どんなことをするの? サポーター制度については、入社前の私がそうでしたし、書店員さんからもふだんからよく尋ねられます。
 今回は私が入社して以来経験しているサポーターさんとの交流を振り返りながら、「ミシマ社サポーター」が私たちにとってどのような存在なのか、お伝えいたします。

 「ミシマ社サポーター」とは、私たちミシマ社の出版活動を物心両面において支えてくださっている方々です。いただいたサポーター費は、そのまま皆様に還元するのではなく、出版活動(本をつくって届ける)を通じて、次の読者へとつなげていく。「贈与経済」のアイデアを参考に、2013年からはじまったこのサポーター制度は、おかげさまで来年10周年を迎えます。

IMG_0059.JPG左から「コーヒーと一冊」「手売りブックス」「ちいさいミシマ社」「MSLive ! Books」

 私たちはサポーターさんの応援のおかげで、これまでなかった新しい事業に挑戦したり、新人が成長する機会をいただいたりしています。

 たとえば、ページ数を100ページ前後に抑え、薄くて軽いデザインにすることで読書の楽しさを身近に味わってほしいという想いから企画した「コーヒーと一冊」シリーズや、世界に一冊だけの本を届けるような仕掛け、「手売りブックス」シリーズの立ち上げ。少し高い値段設定で少部数の本を出す「ちいさいミシマ社」というレーベルでは、通常のミシマ社本の掛け率が7掛け(出版社7割:本屋3割)に対し、ちいさいミシマ社は完全買い切りで6掛け。
 書店側にもしっかり利益が出るような仕組みを構築し、書店と出版社が共存できるあり方を模索し、新しい本の届け方について実践してきました。

 また「空間を超えて生きた言葉を届ける」を標語に主催したオンラインイベント「MS Live!」。コロナ禍で人々の接触が途絶えたなかでも、言葉を届ける活動を徐々に始めていき、そこでのイベントをライブ感そのままに書籍化するなど、出版の新しい回路を開くような活動もしてきました。

 サポーター新聞.JPG

 毎月、王子製紙さん、王子エフテックスさんに用紙を、あさひ高速印刷さんに印刷をサポートいただき、
サポーター新聞が完成します!

 サポーター期間中は特典として「ミシマ社サポーター新聞」をお届けいたします。
 「ミシマ社サポーター新聞」はミシマ社の毎月の活動記録をメンバーが手書きで紹介する新聞です。サポーターさんからのおはがき、新刊の紹介、個人的ニュースなども掲載し、情報ではない熱量のある手書きとメンバーそれぞれの文体で、ミシマ社の活動とクスッと笑えるような内容をお届けしております。サポーターさんからおはがきで、ツッコミが入ることもしばしばで、そうした手紙のラリーはとても楽しいです。また面白く読んでいただいたことが、こちらの活力にもなっています。作り手と読み手の近さがこの新聞の醍醐味です!

 これらの活動はいずれも新人メンバーが主体となって制作しており、企画・スケジュールの立て方から、依頼の仕方、レイアウトまで、出版の世界で一人前に働く足腰を鍛える絶好の機会をいただいております。とくにPhotoshopやIllustrator(デザインソフト)の作業が苦手な私が、こうして毎月制作に入り、印刷所に入稿するまでの流れを経験できているのは、拙ささえも許容してくださるサポーターさんがいてこそ。本当に有難い環境で仕事をさせていただいております。

サポ新聞表.JPG

第47号は「ミシマ社メンバー名鑑」と題し、サポーター新聞を制作しました!

 コロナ禍が続いていることもあり、リアルイベントは中断を余儀なくされましたが、サポーターさんとは、手売りのイベントや偶然(!)お店で、お会いすることもあります。実際、サポーターさんとお会いしたとき、どうも元気が出なく明るく振る舞えなかったとき「そっちの方が青年らしいよ」と温かい言葉をかけていただいたのは、今でも鮮明に覚えています。

 またこんなこともありました。サポーターさんからのお届けものの段ボールの蓋を開けると、お野菜と共に、隙間を埋めるようにのど飴が入っていました。実家の母から届いたような、飾らない、ぐっとくる、優しさと温かさを、感じました。

 どうにかして私もはやく自立して、次のパスをつなげるようにしたい。仕事に緊張感が増し、奮い立つ気持ちです。

サポーターさんからのお便り.JPG

温かいお手紙に、感謝の気持ちでいっぱいです!

・ミシマ社の本が好き!
・ミシマ社の活動を応援したい!
・贈与経済に興味がある
・出版業の未来が明るくなってほしい!

 もしこのような活動、取り組みに共感いただきましたら、ご支援いただけますと幸いです。
 来年度もこのサポーター制度を通して、多くの読者の方々とお会いできることを心より楽しみにしております!

2023年度ミシマ社サポーターを募集します!

【募集期間】2022年12月1日(木)〜2023年3月31日(金)
【サポート期間】2023年4月1日(土)~2024年3月31日(日)

★お申し込み特典★期間中お申し込みの方全員に、非売品の特別本『ここだけのミシマ社』(三島邦弘+ミシマ社メンバー)をプレゼントいたします。サポーターの皆様へ、代表三島が毎月、記した5年分のごあいさつにメンバーがコメントを書き加えて再編集し、一冊にします。

2023年度のサポーターの種類と特典

下記の三種類からお選びください。サポーター特典は、毎月、1年間お届けいたします(中身は月によって変わります)。

2023サポーター種類-特典一覧(最新).jpg

※特典の内容は変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。

お申し込み方法

サポーター費のお支払いの方法によって、お申し込み方法が変わります。以下よりお選びください。

ミシマ社のウェブショップにてクレジット決済・コンビニ決済・PayPal・銀行振込 をご希望の場合

ミシマ社の本屋さんショップ(ミシマ社公式オンラインショップ)にてお申込みくださいませ。

ミシマ社の本屋さんショップ

郵便振替をご希望の場合

下のボタンから、ご登録フォームに必要事項をご記入のうえ、お手続きください。後日、ミシマ社から払込用紙をお送りいたします。

郵便振替をご希望の場合

ご不明な点がございましたら、下記までご連絡くださいませ。
E-mail:supporters@mishimasha.com
TEL:075-746-3438

ミシマ社仕掛け屋チーム

ミシマ社仕掛け屋チーム
(みしましゃしかけやちーむ)

 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 「謎の症状」募集しています! ~「健康番長若林理砂先生のバッチコイ!」傑作編

    「謎の症状」募集しています! ~「健康番長若林理砂先生のバッチコイ!」傑作編

    ミシマガ編集部

    考えてみると、原因がよくわからず、人に言うほどでもなく、病院にかかるほどでもない、謎の症状って、けっこうありませんか?  たとえば私(編集ホシノ)は、日陰の場所から日が当たる場所に出ると、95%くらいの確率でくしゃみが出ます。それを若林先生になんとはなしに話したところ、「あー、そういうのって意外と、その人の体質と関連していて、東洋医学で説明できることもあるんですよ」とのお話。なんと! それは知りたい!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

この記事のバックナンバー

12月01日
第16回 2023年度ミシマ社サポーター募集のお知らせ ミシマ社仕掛け屋チーム
12月03日
第15回 2022年度ミシマ社サポーター募集のお知らせ ミシマ社仕掛け屋チーム
05月23日
第14回 ミシマ社の一筆せんをつくろう! 番外編 ミシマ社仕掛け屋チーム
05月23日
第13回 ミシマ社の一筆せんをつくろう! その3 ミシマ社仕掛け屋チーム
03月10日
第12回 ミシマ社の一筆せんをつくろう! その2 ミシマ社仕掛け屋チーム
03月04日
第11回 ミシマ社の一筆せんをつくろう! その1 ミシマ社仕掛け屋チーム
12月10日
第10回 2021年度ミシマ社サポーター募集のお知らせ ミシマ社仕掛け屋チーム
07月01日
第9回 会社サポーター募集のお知らせ ミシマ社仕掛け屋チーム
12月01日
第8回 2020年度ミシマ社サポーター募集のお知らせ ミシマ社仕掛け屋チーム
05月02日
第7回 2019年度ミシマ社サポーター、まだまだ募集しています! ミシマ社仕掛け屋チーム
01月26日
第6回 ヤレ紙プロジェクト! 〜最終回〜 ミシマ社仕掛け屋チーム
01月04日
第5回 2019年度ミシマ社サポーター募集のお知らせ(2) ミシマ社仕掛け屋チーム
01月03日
第5回 2019年度ミシマ社サポーター募集のお知らせ(1) ミシマ社仕掛け屋チーム
11月25日
第4回 ヤレ紙プロジェクト! ~第2回「使えない」の中に~ ミシマ社仕掛け屋チーム
08月17日
第3回 ヤレ紙プロジェクト! 〜第1回〜 ミシマ社仕掛け屋チーム
07月07日
第2回 ヤレ紙プロジェクト! 〜プロローグ〜 ミシマ社仕掛け屋チーム
04月19日
第1回 ミシマ社サポーター募集!(2) ミシマ社仕掛け屋チーム
04月18日
第1回 ミシマ社サポーター募集!(1) ミシマ社仕掛け屋チーム
ページトップへ